蒙天珠

HOME > 蒙天珠

蒙天珠(もうてんじゅ)とは

綺麗な模様が特徴の蒙天珠。

内モンゴル自治区の「四子王旗(シシオウキ)」の砂漠より産出されるそうです。

最も初期の天珠は巻貝(法螺貝)の化石から作られていたそうです。その後、瑪瑙や玉といった素材が好まれ、主に「天眼」と呼ばれる「避邪(ヒジャ)」の目の模様を好んで探していたそうです。

宇宙磁場の力

古代より、「蒙天珠」は様々な避邪(魔除け)のお守りとして利用されてきました。蒙天珠は強い磁場を持っていると考えられ、持つ人の気や、運気、磁場を整え、高めると言われています。

蒙天珠の商品紹介

一眼
一眼
牛の骨ブレスレット
[蒙天珠の原石付]
商品名
こちらに記載されている内容は、ケンズクリスタルが感じる印象に基づいております。科学的に効果が実証されているわけではありません。購入される皆様が自分自身の責任に基づき、スピリチュアルな成長と癒しに活用されることをお願い致します。